ファミリーヒストリー
簡単作成

人生史・家族史の作成は、経験や思い出を ”未来につなげる” だけでなく、もっと沢山できることがあります!

作成のメリット

人生史・家族史
を未来につなげる

見つめる

立ち止まり人生を見つめることにより、自分の生き方・家族とのかかわり方を再認識できます

セラピー療法

人生史・家族史を作る過程で、記憶トリガーを活用し、認知治療・回想法セラピーに活用します

家族をつなげる

人生史・家族史を残すと、家族のルーツ、いのちの傾向性、病気DNAを知る、手がかりになります

人生史・家族史を活用する教育機関

人生を立ち止まり見つめること...

 人生には始まりと終わりが有り、与えられた使命が各々にはあります。「自分は誰」で、「何のために生まれ」、「何を残したいのか」を考える時を、人生史作成することで持ちましょう。(⋆場所を選ぶと人生の立ち止まりがより容易になります。→海や山・海外など)

2009
サービススタート
0
今年
0
現保存年数
2021
次の目標
お墓に保存するファミリーヒストリー
  1. 今思うことを書き、後で何回でも修正・アップデートできます。
  2. 誕生、大学入学、就職、結婚、出産、定年、介護など、立ち止まる時期はさまざまです。それらの情報を1つにまとめます。
  3. お墓とリンクして継承管理が可能です。(永代保存)
  4. スマートフォンや自宅のパソコンから、いつでも閲覧・確認することができます。
  5. 紛失のおそれが無くなります。(もしもの時は、遺族に受け渡しが可能です)
  6. 公開・非公開・限定公開の設定により、人生の時期により公開条件を限定することができます。
  7. WiKIページをネット上に作成することも可能です。
欧米の研究(子供への教育)

家族や親戚に、自分史を残す意義とは

心理学者である米国EMORY大学のロビン・フィバッシュとマーシャル・デューク博士の研究によると、「人生史は、時間の経過とともに、子供や孫たちに、家族のアイデンティティの感覚を提供し、子供たちが誰であるかを理解するのに役立ちます」と論文で述べています。

また、家族の人生史についてより多くの話を知っている10代のテーンエイジヤーは、自分の家族や先祖のことを知らない若者に比べ、「より高いレベルの感情コントロール力と、より高いレベルで人生の目標達成への意欲」を持つことが証明されました。

*ジャーナルオブファミリーライフ掲載

いますぐスタート!

子供や孫が、成長したら分かってもらいたいこと。普段、言葉では伝えにくい感謝の言葉や思い出、家族で大切にしてもらいたい思いでなどを残せます

生きた経験や思い出を未来につなげよう!

人生史サイトをスタート(人生史の保存場所)

  1. 人生史サイトの作成情報をステップ3まで入力して送付します。 ※印は入力必須項目です。
  2. 入力情報確認メールが届きます。(必要あれば変更依頼を返信)
  3. クレジットカード支払いで、貴方だけの人生史サイトのURLと、初回質問集メールが届きます。(30日間の返金保証
人生史作成者 -誰の人生史(家族史)ですか?
人生史サイト希望URL

小文字英数字とハイフン( - )のみが使用可能です。
赤色文字の部分を指定してください。
例:www.tsuitonet.com/tanaka-taro-123
依頼者の情報 (人生史サイトの作成確認先)