10-2021 デジタル通貨(NFT)情報

内容

1月1日 2022年

 注意:自己責任について


この資料は、暗号通貨投資をシニアである自分の記録用に分かりやすく纏めたノートです。投資アドバイスではありません。暗号通貨投資はボラティリティが大きいため、リスクが高いので最終的な投資判断は自己責任です。


 

<バックグランド>

  • ブロックチェーンの出現により、今までの大企業がコントロールするWEB2の世界から、分散型WEB3への変革を応援してます。そして、それを支える仮想通貨経済に注目しています。
  • シニアの経済的自立をお金の知識でサポートします。特に、労働所得とは別の ”不労収入”にスポットを充て、年金に頼らないリタイヤ後の受動的な所得形成について、米国知識層の常識を紹介します。

 

2022年の市場

ビットコインETF現物が2月上旬に認可されると、そこがBTCのBullマーケットの最高値になるでしょう。 *(BTC SPOTの詳細は下記)これと同時に、特定ALTコインもその後1か月間で最高値をつけるものが多いでしょう。

 

その後は、米国の利上げ一回目(2022年度は3回の利上)がスタートして、4月以降は暗号通貨はBearマーケットに陥ると考えています。ただし、一定のALTコイン(スマートコントラクト系)は、ETH2.0が完了することによりBearマーケットでもUPする可能性は十分あると考えられます。

 

リスク

連邦準備制度理事会は3月に金利を引き上げ、「リスクオン」資産の予測可能な低下につながるのは予想できますが、CPIの物価指数は現在の6%程度から、大幅に上方修正される可能性があるため市場が一時的に3月以降にクラッシュする可能性があります。

 

取引に関連するタイミング

イベント

  • BTC: ビットコインの現物ETFは現在2社(Kryptoin Valkyrie)が却下されました。これはWisdomTreee Bitcoin Trust却下に追加するものです。ただし、Greryscale and Bitwise は2月に回答が延期になりました。このことは、承認が2月上旬になる可能性が高いことを示唆しています。 
  • ETH: ETH PoS 2.0のリリース前のテスト Testnet金継ぎーがスタートしました。日本語で表現されたテストは日本人にとって興味深いものです。 この金継ぎが終わると最終段階のTestNetがリリースされ、ETH2.0正式版は3/1/2022のリリース予定です。リリースは現在Githubウェブサイトでもその進捗が公示されており、それによると6月2022年頃のリリースが現実的です。新しいブロックチェーンの世界を見せてくれると信じています。

 

ポートフォリオ

 <私の考え方>

 

長期的投資通貨 

  • BTC(市場最高値の70Kを2月以降に超えた後、50K~で停滞が懸念されます)

  • ETH (ETH2.0がスムーズにリリースされると、現在4K→$10K程度までQ3にはUPする考えられます。)

 

最近のトレード通貨 (ブロックチェーンのインフラ関連、NFT関連インフラ、DAO関連の暗号通貨でトレードします)

    • AR (Arweve) 仕事で使ってみてサポートもよいコインです

  • SOL 使ってみてGas代もやすくSpeedもGOOD

  • AVAX  SOLの次に有望なLayer1

  • LUNA USTという政府コントロールできないStableCoinが好きです

  • YGG 子供がBCゲームをしていてその影響です。

  • AAVE Swiss SEA BankがDEFIで採用

  • ATOMS  Layer1の次に来る、Layer1のBCをつなぐ期待のテクノロジー

  • MATIC 2nd Layerの需要はNFTでも強く

  • IMX NFTのLayer2ソリューションです。(買い増ししたいもの)

 

トレード検討中通貨:

  • TONCOIN

 

投資ルール

  • 右肩上がりのチャート 2022年は確実に利益をあげるため、SWINGトレード*(短期でもなく長期でもない、中期投資)に集中。そのため、右肩上がりタイプのチャートのみを選んでMarketCap200番以内の暗号通貨のみを紹介トレードします。

  • SWINGトレード: トレードはシンプルに下記の4つの要素で行います。

    1. BULLもしくは、市場が上昇しているときのみ

    2. 右肩上がりの暗号通貨だけを選択

    3. MAを中心に、買い・売りを判断

    4. 各種指標(RSI、MACD、BBなど)で最終買い、売りを判断

  • BOT: 掛け金を少なくして、STOP LOSSを採用しトレードしていますが、ボラティリティが大きいと、すぐにマイナスになります。 今後はトレード通貨を含めた有望ペアだけに絞りBOTを動かします。

 

通貨予想

2022年は、暗号資産の3Xが目標です。そのためには、時間を節約したSwingトレードを中心として10Xを狙うコインを1つ以上作ることが目標です。よって下記に注目コインと、価格も次回リストします。

 

1️⃣ETH

ETH2.0まで緩やかに上昇後に10Kをクリア

2️⃣AR

現在は50ドル前後で停滞していますが、Layer1の普及とともに、今後はDapps作成が盛んになり$160くらいを予想

3️⃣ATOM

現在30ドル付近だが、Layer1の普及で、各BCを連結する技術として100ドル越え。

4️⃣MATIC

現在2.6ドル付近だが、大化けはしないが5ドルを探る展開

5️⃣IMX、YGGなど

►2022年後半くらいに、layer1の戦いの次に来る10X狙い。もう少し勉強して予想を報告

 

その他: 最近のトレード通貨は、技術的・チームなどがしっかりしていないと手を出さないので、少しコンサバです。

 

 

私が気づいたトレンド

 

暗号通貨での富を築く

私も含めて、ほとんどの人はお金の面では億万長者ではありませんが、時間の面では億万長者であり、時間はお金よりもはるかに価値があるということです。お金を使う時間が残っていない場合、そのお金を使った時間を共有する人がいない場合、お金はなんの価値もありません。

 

暗号投資に関して私たちが忘れがちな富の方程式の一部です。それはお金と時間では「時間」の方が価値があるということです。それはあなたがあなたにとって重要な人々と過ごす時間についてです。私たちシニアは、人生章の最終局面で必要な時間を有意義に使う時間にお金を使えることだけです。

 

終わりに

 NFTについて

  • NFTの収集を2021年よりスタートしました。まずはメタバース上のお墓を3基購入しました。(15万円くらいでした) 画廊:https://opensea.io/smart_senior

  • NFTの価値は、下記の6つであると考え、今後は今までの収集物を処分してNFTに集中します

    1. 希少性–限られた供給

    2. メタバース–メタバースで有用性

    3. デジタルフレックス–自慢

    4. 自分の考え方や趣味に合ったアバター(自分の分身)PFP

    5. コミュニティ–グループの一員になる

    6. 商権

 

  • 私の場合、NFTを所有することの最も重要な利点の1つは、コミュニティの一員であることだと思います。コミュニティに有名人が含まれているかどうかは関係ありません。これらのNFTの魅力を高く評価しているのは、志を同じくする個人に属しているという感覚です。それは私が仲間の暗号愛好家と交流するときに私が感じるのとまったく同じ感覚であり、イベント開催も理由の1つです。

  •  高くて買えませんが、MAYCは、最も魅力的なリターンの可能性を秘めたコレクションであると私は考えています。それは、彼らの比較的公正な価格に基づいて、彼らはBAYCのメンバーであることから来るのと同じ多くの利益を与えるからです。さらに、過去2週間で取引量の急増が見られました(BAYCの900%に対して1,000%)。 このコレクションから生まれるマスマーケットの魅力を否定することはできません。過去2週間にわたって、ジミー・ファロンポスト・マローンなどの個人が購入品を持ってBAYCに飛び込んできました。これには、たまたまミュータントエイプを所有しているシャキールオニールを含むメンバーである他の多くの有名人が含まれます。他に買いたい同様NFTはMeebitです。

10-2021 デジタル通貨(NFT)情報

目次

1月1日 2022年

 注意:自己責任について


この資料は、暗号通貨投資をシニアである自分の記録用に分かりやすく纏めたノートです。投資アドバイスではありません。暗号通貨投資はボラティリティが大きいため、リスクが高いので最終的な投資判断は自己責任です。


 

<バックグランド>

  • ブロックチェーンの出現により、今までの大企業がコントロールするWEB2の世界から、分散型WEB3への変革を応援してます。そして、それを支える仮想通貨経済に注目しています。
  • シニアの経済的自立をお金の知識でサポートします。特に、労働所得とは別の ”不労収入”にスポットを充て、年金に頼らないリタイヤ後の受動的な所得形成について、米国知識層の常識を紹介します。

 

2022年の市場

ビットコインETF現物が2月上旬に認可されると、そこがBTCのBullマーケットの最高値になるでしょう。 *(BTC SPOTの詳細は下記)これと同時に、特定ALTコインもその後1か月間で最高値をつけるものが多いでしょう。

 

その後は、米国の利上げ一回目(2022年度は3回の利上)がスタートして、4月以降は暗号通貨はBearマーケットに陥ると考えています。ただし、一定のALTコイン(スマートコントラクト系)は、ETH2.0が完了することによりBearマーケットでもUPする可能性は十分あると考えられます。

 

リスク

連邦準備制度理事会は3月に金利を引き上げ、「リスクオン」資産の予測可能な低下につながるのは予想できますが、CPIの物価指数は現在の6%程度から、大幅に上方修正される可能性があるため市場が一時的に3月以降にクラッシュする可能性があります。

 

取引に関連するタイミング

イベント

  • BTC: ビットコインの現物ETFは現在2社(Kryptoin Valkyrie)が却下されました。これはWisdomTreee Bitcoin Trust却下に追加するものです。ただし、Greryscale and Bitwise は2月に回答が延期になりました。このことは、承認が2月上旬になる可能性が高いことを示唆しています。 
  • ETH: ETH PoS 2.0のリリース前のテスト Testnet金継ぎーがスタートしました。日本語で表現されたテストは日本人にとって興味深いものです。 この金継ぎが終わると最終段階のTestNetがリリースされ、ETH2.0正式版は3/1/2022のリリース予定です。リリースは現在Githubウェブサイトでもその進捗が公示されており、それによると6月2022年頃のリリースが現実的です。新しいブロックチェーンの世界を見せてくれると信じています。

 

ポートフォリオ

 <私の考え方>

 

長期的投資通貨 

  • BTC(市場最高値の70Kを2月以降に超えた後、50K~で停滞が懸念されます)

  • ETH (ETH2.0がスムーズにリリースされると、現在4K→$10K程度までQ3にはUPする考えられます。)

 

最近のトレード通貨 (ブロックチェーンのインフラ関連、NFT関連インフラ、DAO関連の暗号通貨でトレードします)

    • AR (Arweve) 仕事で使ってみてサポートもよいコインです

  • SOL 使ってみてGas代もやすくSpeedもGOOD

  • AVAX  SOLの次に有望なLayer1

  • LUNA USTという政府コントロールできないStableCoinが好きです

  • YGG 子供がBCゲームをしていてその影響です。

  • AAVE Swiss SEA BankがDEFIで採用

  • ATOMS  Layer1の次に来る、Layer1のBCをつなぐ期待のテクノロジー

  • MATIC 2nd Layerの需要はNFTでも強く

  • IMX NFTのLayer2ソリューションです。(買い増ししたいもの)

 

トレード検討中通貨:

  • TONCOIN

 

投資ルール

  • 右肩上がりのチャート 2022年は確実に利益をあげるため、SWINGトレード*(短期でもなく長期でもない、中期投資)に集中。そのため、右肩上がりタイプのチャートのみを選んでMarketCap200番以内の暗号通貨のみを紹介トレードします。

  • SWINGトレード: トレードはシンプルに下記の4つの要素で行います。

    1. BULLもしくは、市場が上昇しているときのみ

    2. 右肩上がりの暗号通貨だけを選択

    3. MAを中心に、買い・売りを判断

    4. 各種指標(RSI、MACD、BBなど)で最終買い、売りを判断

  • BOT: 掛け金を少なくして、STOP LOSSを採用しトレードしていますが、ボラティリティが大きいと、すぐにマイナスになります。 今後はトレード通貨を含めた有望ペアだけに絞りBOTを動かします。

 

通貨予想

2022年は、暗号資産の3Xが目標です。そのためには、時間を節約したSwingトレードを中心として10Xを狙うコインを1つ以上作ることが目標です。よって下記に注目コインと、価格も次回リストします。

 

1️⃣ETH

ETH2.0まで緩やかに上昇後に10Kをクリア

2️⃣AR

現在は50ドル前後で停滞していますが、Layer1の普及とともに、今後はDapps作成が盛んになり$160くらいを予想

3️⃣ATOM

現在30ドル付近だが、Layer1の普及で、各BCを連結する技術として100ドル越え。

4️⃣MATIC

現在2.6ドル付近だが、大化けはしないが5ドルを探る展開

5️⃣IMX、YGGなど

►2022年後半くらいに、layer1の戦いの次に来る10X狙い。もう少し勉強して予想を報告

 

その他: 最近のトレード通貨は、技術的・チームなどがしっかりしていないと手を出さないので、少しコンサバです。

 

 

私が気づいたトレンド

 

暗号通貨での富を築く

私も含めて、ほとんどの人はお金の面では億万長者ではありませんが、時間の面では億万長者であり、時間はお金よりもはるかに価値があるということです。お金を使う時間が残っていない場合、そのお金を使った時間を共有する人がいない場合、お金はなんの価値もありません。

 

暗号投資に関して私たちが忘れがちな富の方程式の一部です。それはお金と時間では「時間」の方が価値があるということです。それはあなたがあなたにとって重要な人々と過ごす時間についてです。私たちシニアは、人生章の最終局面で必要な時間を有意義に使う時間にお金を使えることだけです。

 

終わりに

 NFTについて

  • NFTの収集を2021年よりスタートしました。まずはメタバース上のお墓を3基購入しました。(15万円くらいでした) 画廊:https://opensea.io/smart_senior

  • NFTの価値は、下記の6つであると考え、今後は今までの収集物を処分してNFTに集中します

    1. 希少性–限られた供給

    2. メタバース–メタバースで有用性

    3. デジタルフレックス–自慢

    4. 自分の考え方や趣味に合ったアバター(自分の分身)PFP

    5. コミュニティ–グループの一員になる

    6. 商権

 

  • 私の場合、NFTを所有することの最も重要な利点の1つは、コミュニティの一員であることだと思います。コミュニティに有名人が含まれているかどうかは関係ありません。これらのNFTの魅力を高く評価しているのは、志を同じくする個人に属しているという感覚です。それは私が仲間の暗号愛好家と交流するときに私が感じるのとまったく同じ感覚であり、イベント開催も理由の1つです。

  •  高くて買えませんが、MAYCは、最も魅力的なリターンの可能性を秘めたコレクションであると私は考えています。それは、彼らの比較的公正な価格に基づいて、彼らはBAYCのメンバーであることから来るのと同じ多くの利益を与えるからです。さらに、過去2週間で取引量の急増が見られました(BAYCの900%に対して1,000%)。 このコレクションから生まれるマスマーケットの魅力を否定することはできません。過去2週間にわたって、ジミー・ファロンポスト・マローンなどの個人が購入品を持ってBAYCに飛び込んできました。これには、たまたまミュータントエイプを所有しているシャキールオニールを含むメンバーである他の多くの有名人が含まれます。他に買いたい同様NFTはMeebitです。

作成申込み(デジタル人生史)

  1. 申し込みステップ3まで入力して送付します。
  2. 送付後に入力情報確認メールが届きます。
    ※印は入力必須項目です。
大切な人 -誰の人生史(家族史)ですか?
人生史を保存するウェブサイトの希望URL

小文字英数字とハイフン( - )のみが使用可能です。
赤色文字の部分を指定してください。
例:www.tsuitonet.com/tanaka-taro-123
依頼者の情報 (ウェブサイトの作成確認先)

ウェブサイト作成申込み(思い出の保存場所)

  1. ウェブサイトの作成情報をステップ3まで入力して送付します。 ※印は入力必須項目です。
  2. 入力情報確認メールが届きます。(必要あれば変更依頼を返信)
大切な人 -誰の人生史(家族史)ですか?
ウェブサイトの希望URL

小文字英数字とハイフン( - )のみが使用可能です。
赤色文字の部分を指定してください。
例:www.tsuitonet.com/tanaka-taro-123
依頼者の情報 (ウェブサイトの作成確認先)